English Version
         
第>8回目は ハナコ、レネ、大空を舞う!

年忘れ空中散歩!KLの街よ、今年もありがとう!

マレーシアにいると季節の移り変わりに疎くなりがちだけど、今年もあっという間に年末が押し迫ってきちゃ
った!なんだかんだ、1年いろいろあったけど、いま無事であることに心から感謝!今回は月に一度は
飛行機に乗るハナコと人生で始めて飛行機に乗るという営業部レネのコンビが空からKLの街にごあいさ
つ!!

KLスカイツアー
地上1000フィートの上空を4人乗りのエアクラフトでめぐる約30分の“空の旅”ツアー。スパン空港から
飛び立ちPJエリアのテレコムタワー、KLのシンボルであるKLタワーやツインタワーを眺めながら旋
回し、バツーケーブ上空まで行って戻ってくる。家族や友達と住み慣れたKLの街、自分の住んでいる
コンドなどを眺めるのも楽しいし、KL初心者や旅行者が上空からKLの地理感をつかむのにもいい。も
うすぐ日本へ帰国するという人もKL在住記念にいかが?

KLシティツアーにかかる費用は1人RM185。約30分のエリアクラフトによる空の旅が気軽に楽し
めます。最小3名からで主に週末に催行しています。3人分の料金を支払えば1人でも2人でも
OK、平日のアレンジの可能性もあるのでぜひお問い合わせを。予約は最低1週間前まで。パイ
ロット体験ができるツアー(1人RM285)などのバリエーションもあります。

世界ではじめて空を飛んだのは日本人!?
1757年、備前(現在の岡山県)に生まれた表具師の幸吉という青年は大空を飛ぶ、という夢を描いて
いたんだって。鳥が飛び様子を詳しく観察したり、羽の大きさと体の重さについて調べたりしているうち
に、表具師の腕を生かして竹や木で作った骨組みに布を貼付けた翼を作ったらしい。で、ハングライダー
のようにして空を飛ぶことを実験したんだけど、時は江戸時代、人を騒がせた罪で捕まっちゃったんだっ
て。残念。ライト兄弟が飛行機を発明する100年以上前だっていうんだからスゴイよね。空を飛びたい
と思ってるそこのアナタ、それってばジャパニーズ.スピリッツだよ、きっと!!

ハナコ談
「KLの街を空から眺めてみたかった」
KLの街に乗る機会はあるけれど、こんなふうにKLを上空から眺めるのは初めて!PJやバングサ、
モントキアラのコンド群、KL中心地など、上空から見るそれぞれの位置関係がよくわかっておもしろか
ったー!圧巻だったのはやっぱりツインタワーとKLタワー!手が届きそうなくらいすぐ近くを飛んだのは
凄かった。もう、心臓バクバク。自分の住んでるコンドを上空から確認できたのも驚きだったな~!

パノーラ営業レネ、はじめて空を飛ぶ。
わたし、パノーラ営業レネは飛行機に乗るのは今回がはじめて。もうドキドキワクワク、ハイテンション。
飛行機が動き始めたと思ったらいつの間にか飛んでいて、地面が下見えてビックリした~!途中パイロッ
トがアクロバット飛行を走り回ってるKLの街は上から見るととっても違って見えて、ホント。エキサイティ
ングな体験だった!